読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(2)CLR/Hとの合同勉強会 in 札幌! 「Microsoft Azureで描く未来 ! ★DREAM ― 夢はみんなで描くと現実になる! ―」

Microsoft Azureで描く未来 ! in 札幌」
★テーマ★:DREAM ― 夢はみんなで描くと現実になる! ―

アジェンダはこちら。

10:00-10:40 レッスン1 JAZUG 札幌 松田さん
10:50-11:30 レッスン2 CLR/H 吾郷さん
11:30-12:45 ランチタイム
12:45-14:45 スペシャルレッスン ジニアス平井の世界
14:45-15:00 おやつタイム
15:00-15:40 レッスン3 JAWSUG 札幌 佐藤英治さん
15:50-16:50 スペシャルセッション デプロイ王子こと廣瀬一海さん
17:00-17:50 ライトニングトーク

レッスン2の時間です。

Azureを実際に使ってできること、次のセッションはJAZUG 札幌 の吾郷さんによる、
「App Serviceを使って、いろいろなアプリを作ってみよう」。

レッスン1で、Azureの豊富な機能により、あっという間にMinecraft Serverが立ち上がり、至れり尽くせりの利用ポイントを知ったわけですが、ではこれを利用して、いったいどんなことができるのか、幾つかのデモを交えてのセッションです。

たとえば温度管理。「GE-Peach」との組み合わせで、温度を定期的に取得して、遠く離れた場所にいても、その場所の温度状況を把握できます。

japan.renesas.com

女子部のメンバーさんがわくわくした顔で、
「IoTって農業と親和性が高いって思うんです」「農業分野で何かできると思うし、やりたい」と言っていたのですが、こういった、正確な定期性、数値解析が必要で、なおかつ天候や環境変化にあわせてヒトの判断も必要……という事象に対して、確かに、「その場にIT、ヒトのいる場所にデータと操作権限」という条件を兼ね備えられる分野だなあと、しみじみ思いますね。

ところで、「GEーPeach」、ちっちゃくて可愛い……Raspberry Piといい、本当に手軽に、身近に、ITは手の届くものになってきているのですね。

さて、その他に吾郷さんがさささっとソースコードをその場で展開し、見せてくださったのはsignalRのチャットデモ、TwitterAPIと連携した、つぶやき検知など。

ちなみに、API Appsのアクセス権限は、PreviewPortalでつくるとAnonymousになるけれど、Visual Studioでつくると制限されていることがあるそうなので注意、だそうです。

このあたり、開発知識の足りない自分には、仰っている内容をほわほわっとイメージ化していくことで精一杯だったのですが、やっぱり技術に携わる方たちは凄いな、と思ったのは、テクノロジーって生き物で、このテクノロジーを生かすも殺すもヒト次第で、だから技術者の方たちは、生かすために様々な方面にアンテナを伸ばし、一見関係がないと思えるかもしれないことでも触れてみて、あらゆる情報を取捨選択して、この生き物(=Technology)が、快適にのびのび生きられるように手を尽くしているわけです。あ

繊細な生き物を扱う技術者の方たちは、みんなやっぱり繊細で、ひとつひとつ作り上げたアプリを公開し、共有して、次の何処かの世界に繋げにゆく、職人なんだなあ……と、画面に繰り広げられるソースコードに目を回しながら拝聴していたわけですが、公開されたチャットアプリはあっという間に画像掲示板になっていき、デモ用ということで簡易に作成されたアプリケーションの構造の隙を突いてさまざまな投稿手法にチャレンジしていく技術者の方々の茶目っ気も、同時に見ることができたのでした。

先日も西脇さんのご講演で伺ったとおり、いまやITはパソコンがなければ触れられないものではなく、スマートフォンなど通信のできるものはもちろん、小型無人飛行機(ドローン!)、小型温度計、小型センサー(ミサイルも撃てる!)など、いろいろなものがデジタル化され、データ通信を行い、そのデータがあっという間に活用されていく世界。

吾郷さんが繰り広げるApp Serviceを使ったデモは、ひとつひとつがヒトの身近にあって、生活のなかに埋め込んでいくアプリケーションのデモで、それは、土に種を撒く作業に似ています。温度計測も、Twitterも、チャットというツールも、それぞれはただ利便性の高いツールというだけなのに、それらを何処か別の扉に繋げて、新しい世界へ連れて行ってくれる……撒いた種はあちこちで花開き、素っ気ないシンプルな種が、別な表情になる。
ITに携わるひとたちは、やっぱり魔法使いだなあ、と思ったわたしです。

そして40分の間にこれだけたくさんのことができる、Azureの多機能さも凄いけれど、その多機能さを把握してあっという間に複数のアプリケーションデモを見せてくださった吾郷さんの凄さにも感嘆して、午前中のレッスンが終了です。ありがとうございました!