読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

祝★4周年! Windows女子部 5年めへ向けての振り返り&今後の抱負LT大会

f:id:winwoman:20160124235230j:image

Windows女子部は、1月25日を以って、5年めを迎えます。

記念して、1月23日(土)には、4周年記念と、今後の5年めへ向けて、振り返りや、今後の抱負などを語るLT大会が開催されました。

写真は、パティシエ 小島和美さんが製作された、特製お祝いケーキです。女子部ちゃんのキャラクタをうつくしく飾り立てたこのケーキは、スポンジもふわふわ、クッキーもクリームもうっとりする美味しさで、参加したメンバーで楽しく美味しくいただきました。

この日の参加者は、残念ながら降雪予報も重なり、総勢8名。思い思いに、振り返りや、自分のいまやっていること、志していること、今後の抱負を語り合いました。

もちろん、ただ集まるのではなく、きちんと互いのフィードバックも。ピンクときいろの付箋は、それぞれ、「Good!」と「こうするともっといいかも!」のふたつの感想でいっぱいになりました。例えば、こんな感じです。

 f:id:winwoman:20160125000519j:image

*1

また、書きあったものは、全員で公開し、お互いにお互いのフィードバック内容を見ル時間もとりました。同じ部分を抑えている指摘や、自分には無い視点など、フィードバックの方法や内容、視点についても互いに互いが学ぶことのできる、少人数だからこそ出来る濃いLT大会に。

話して終わり、楽しんで終わり、ではなく、また、ひとりひとりの得たものを、お互いにシェアするということができる、こういう会であることが、「参加してよかった!」になるポイントかな、と思った1日でした。

発表内容は個々それぞれ、個性豊かな方向性。

1番手の方は、ご自身の今取り組まれていることについて。

Ladies That UX –

http://ladiesthatux.com/

日本支部ができるそうです。UXについて興味関心のある方は、ぜひご覧くださいね!

2番手の方は、ご自身の取り組みと、そこに至るまでの流れを。資料が公開されましたので、ぜひご参照ください。

doc.co

3番手の方は、ご自身の振り返りと、今後の目標を。「あきらめない」という最後のことばは、決意の固さがわかる、凛とした響きでした。

4番手は、Windows女子部で行って、自分が登壇した活動の振り返り。外に出かけることの意味と、それを更にアウトプットするという課題について。

5番手の方は、Windows女子部で学んだことを仕事に活かし、そこからご自身の自信に繋げ、そしてまた次の目標を見つけて、自己実現をしていくというプラスのサイクル、コミュニティと仕事の相互作用について。

6番手の方は、コミュニティ活動と仕事でやってきたことを踏まえて、自分に足りないものを見つめ、ステップアップのために立てた課題について。

7番手の方は、ご自身のプライベートの振り返りと、得てきた「好きなもの」の世界、そしてその世界をもとに、今年どんなふうに活動を広げたいかという目標を。

最後に、Windows女子部創設者である 椎野さんから、総括をいただき、「たった5分」ではなく、「密度の濃い5分」のLT大会として、それぞれが2016年のステップを踏み出しました。

もちろん、そのあとはケーキタイムを堪能! はじめの写真どおり、素敵なケーキを切り分けて、美味しさを噛みしめての解散と、楽しい4周年記念を過ごしました。

仕事ではない、趣味と言われてしまえばそれまでのコミュニティ活動ですが、みんなそれぞれ、ご自身の活動や仕事との相互活用をして、自分をステップアップするためのプラスサイクルをつくっています。やりたいことがはっきりしていなくても、たとえ自分の今居る立場が曖昧でも、この手に今もっているものを活かし、そして次の機会につなげていく、あるいは、振り返った時に新しい機会として捉えられるものにすること。それは、漠然と楽しさだけで集まっているわけではなくて、みんなが藻掻いて、足掻いてきたからこそ得られたものだと思います。わたし自身、まだまだ自分に曖昧なものしかなく、不安も、落ち込みも、焦燥感もありますが、それでも「やれたこと」、そしてやれるように「やってきたこと」は、確実に残ります。すぐに自信にならなくても、間違いなく、事実としてそこにあるだけでも、やらなかった自分とは違うものを持っている、そう思えることが大切で、そしてその機会はWindows女子部でもらったものでした。

たくさんの感謝と、笑顔と、それから、力を、スキルを、考え方を、世界を。

今年も、Windows女子部は、そういうたくさんの「きらきら」をつくりだせるコミュニティとして、邁進し続けます。

 

 

*1:全員、お互いにこうしてふせんいっぱいに感想とFBを書き合いました。